1. 海老名メディカルプラザ トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 呼吸器内科

診療科紹介 呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科の診療内容と特徴

2020年4月より呼吸器内科が常勤医師3名の新体制でスタート致しました。入院診療については、常勤医師での対応が可能となります。また、外来診療については、引き続き、非常勤医師のサポートをうけながら継続致します。
呼吸器は肺という一つの臓器を扱いながらも、診療の対象となる疾患は、急性から慢性、悪性から良性と多岐にわたるため、それぞれの医師が専門領域を有しながらも、呼吸器全般の診療に対応できることが当科の特徴となります。肺癌の診療においては、気管支鏡検査による診断から治療までを院内で完結できる体制の構築を進めます。進行肺癌の治療では、通常の化学療法のみならず、各種分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を用いた標準治療が可能です。また、手術適応例では、呼吸器外科とも連携して治療を進めます。その他に地域の中核医療機関として、重症呼吸不全例にも対応し、人工呼吸管理、非侵襲的陽圧換気(NPPV)、ネーザルハイフローによる各種呼吸管理を行います。
また、私達は患者さんの体のケアのみならず、心のケアも大切にしています。呼吸器疾患で悩まれている患者さんに寄り添いながら、満足のいただける医療を提供できるよう、他科の医師、多職種のスタッフとも密に連携し、チーム医療を進めていく予定です。診断や治療に難渋するケースにおいては、近隣の大学病院への紹介/連携も行っていきます。

主な症状・対象疾患

■症状
・急性/慢性咳嗽、喀痰、呼吸困難

■対象疾患
・気管支喘息
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・肺感染症(細菌性肺炎、ウイルス肺炎、結核、非結核性抗酸菌症)
・肺癌、悪性胸膜中皮腫
・間質性肺炎(特発性、膠原病関連、薬剤性)
・胸膜疾患(気胸、胸水)
・肺血栓塞栓症
・睡眠時無呼吸症候群
・健診異常(胸部異常陰影)

専門分野(紹介希望疾患含む)

呼吸器疾患全般の外来診療ならびに入院加療に対応しています。入院診療チームでは、特に間質性肺炎を専門としていますが、呼吸器診療を通して一般内科診療ならびに呼吸管理を軸とした全身管理ができることも強みとしています。

呼吸器内科の外来担当医表

  • 外来担当医表(PDF)

呼吸器内科の医師紹介

滝原 崇久(たきはら たかひさ) 医長
大学 慶應義塾大学(2001年卒)
資格 日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本内科学会 総合内科専門医・指導医
榎田 啓十(えのきだ けいと) 医員
大学 東海大学(2012年卒)
資格 日本内科学会 認定内科医
髙橋 茉里(たかはし まり) 医員
大学 東海大学(2016年卒)
資格

ページの先頭へ

ページの先頭へ