外来診療の海老名メディカルプラザ

予約専用電話番号 046-234-6529

  1. 海老名メディカルプラザ トップページ
  2. 在宅診療科

在宅診療科

在宅診療科

在宅診療科紹介

2008年10月にたちあげ、2012年4月からは24時間体制の在宅療養支援診療所として活動中です。在宅診療科では訪問診療・訪問栄養指導を行っており、院外処方のため地域の調剤薬局とも協働しております。

実働メンバーは日中医師2名(常勤1名・非常勤1名)、夜間当番医師4名、看護師2名、薬剤師2名、管理栄養士1名、事務職2名および院長の協力を得て、それぞれ外来業務と兼任にて所属しております。

自宅で円滑に診察等を行うために、訪問開始前に新規面談として病院側各職種との話し合い・ご家族への料金説明を行い、訪問開始後は在宅関連の各職種と連携をとりながら診療にあたっております。特に訪問看護との連携に力を入れており、定期的な顔をあわせたミーティングや、WEB上のクラウドを用いた情報共有をしています。

夜間・休日は医師が交替で自宅待機とし、患者さんや訪問看護師からの直通電話に対応し、必要時は緊急往診しております。もちろん在宅看取りも支援しておりますが、最期をどこで迎えるかについてはご本人・ご家族の思いや介護力を考慮しながら意思決定につながるよう配慮しており、在宅看取り率は60%前後で推移しております。

現在はまだ患者さんの受け入れに制限がある状況ですが、今後は、地域全体の誰もが在宅緩和ケアを受けられるよう、安心・継続性を中心に体制を整えていく考えです。

訪問診療とは

一昔前の、「風邪をひいたときの往診」とは異なり、病状が安定しているときから定期的にご自宅で診察を行うことを、「訪問診療」と呼んでいます。ご自宅が外来診察室の代わりとなり、医師が診察や検査を行い、投薬内容を決定します。

海老名総合病院・海老名メディカルプラザ・座間総合病院に通院中・入院中の方で、

「疾病・傷病のために通院困難な方」
「通院にご家族の介助が必要な方」

が対象となります。

疾患や介護度による区別は行っておらず、依頼の5-6割が悪性疾患、4-5割は非悪性疾患です。悪性疾患に対する抗がん剤投与は内服であっても対応しておりませんので専門科への通院が必要です。また小児は対応しておりません。

医療用麻薬を含めた持続皮下注射や点滴等を用いた在宅緩和ケア、在宅酸素・在宅中心静脈栄養管理・尿道カテーテルやストマ・胃ろう管理等を行っております。胸水・腹水管理等は外来処置を組み合わせて在宅対応しております。

どんなことができるの?

●できること・・・
診察の他、血液・尿検査、心電図検査、末梢/皮下点滴、すでに挿入された中心静脈栄養管理・尿カテーテル交換や胃ろう管理などを行うことができます。院内処方ですので、薬剤は訪問診療または訪問薬剤指導でお届けしますが、臨時処方はご家族に取りにきていただくこともあります。

●できないこと・・・
積極的な治療をご希望される場合や、緊急対応を要する場合は、往診ではなくは外来・入院治療をお勧めすることがあります。急変時の心臓マッサージや気管内挿管は行いません。また、抗がん剤の継続処方はできません。
画像検査(レントゲン・CT・エコーなど)と輸血を行うことはできませんので、必要な場合は外来受診をお願いしています。中心静脈栄養を行う管や、胸水・腹水を抜くための管を自宅で入れることはできません。

紹介について

原則、当法人・関連法人内(海老名メディカルプラザ・海老名総合病院・座間総合病院・今里クリニック)かかりつけの方のみお受けしており、他院紹介は受けつけておりません。薬剤指導・栄養指導も当院訪問診療導入の方に限定しております。

ただし、例外があります。

1)当院消化器科にて診断された癌患者さん
2)紹介元で緊急入院先を確保されている海老名市・座間市・綾瀬市在住の方 

については個別相談に応じております。訪問診療の受け入れ可否につきましては、主治医からの相談票・紹介状添付の上、在宅診療科内で協議の上決定することとしております。緊急入院先の確保が受け入れに関する課題となっているため、上記対応とさせていただいております。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

料金について

医療保険・介護保険の請求があります。
負担割合により金額が変わりますので、詳しい料金につきましては直接ご相談ください。

訪問診療担当医師

担当医師

  • 志村 通子
  • 福田  竜基
  • 志村 通子
  • 福田 竜基
  • 岩崎 純也
  • 佐藤 浩司
  • 岩崎 純也

訪問診療のイメージ

訪問診療に関する詳しい説明をお聞きになりたい方は、主治医・看護師にお尋ねください。

ページの先頭へ